ぱおぱお

きみのこえがすき

声の役者な推しさんが好きな話

 突然ですが、ここ何年か、俳優さんと声優さんとのお仕事の振り分けの境界が曖昧になってきているように思います。

人気のあるコンテンツですと、あんさんぶるスターズ、王宮教師ハイネ、その他色々と。これらのうちのいくつか、いや殆どが舞台化前提のキャスティングだったりもするので、一概に声優業界、アニメ業界の流れというわけではないと思います。
このソシャゲ戦国時代、2.5次元舞台全盛期の今、1番売れると思われている市場なのかもしれません。
どの業界でもそうなのかは分かりませんが声のお仕事の業界は役者さん方が芸歴やその他の要素?にやりランク分けされており、そのランクごとにギャラが異なります。
ここでは先にあげた作品に出ていらっしゃる若手俳優さん達について主に取り上げますが、声優さんとしてのキャリアのない若手俳優さんってどれだけ芸歴が長くて人気でも、ギャラは新人声優レベルなんじゃないかなぁ。
でも元々ファンがついているからド新人を起用するより絶対売れるし、舞台もセットで売れたらそりゃ儲けもんですよね。
なんでこの話をしているかと言うと、こちらの記事を拝見させて頂いて、舞台役者さんのファンの方の声の仕事に対するスタンスがとても興味深く、私が抱いている声の演技のお仕事についての感情を振り返ってアウトプットしてみたくなったからです。

雑記/声の仕事を取るべきか - 欠けた月の裏

推しと声の仕事 - 推しくん!笑って!

最初に書き置いておきますが、このエントリは声優業をされている俳優さんを否定したり批判したりする意図はありません。
俳優さんをキャスティングするのは制作の意図がそれなりにあるのだろうし、声優さん方をないがしろにしているとも思いません。

前の記事でも話していますが、推しさんは声優業とは別にアーティスト活動もされています。この活動だって、本当にそのジャンルが好きな方からしたら邪道と言われるかもしれません。
声優さんの中にも、舞台にご出演されている方、舞台がメインで活動されている方(もはや俳優さんなのかもしれないですが、私は声のお仕事しか知らないので…)もいらっしゃいますし、帝国劇場やかの新感線さんの舞台に立たれたりする方もいらっしゃいます。
大義的には皆さん『役者』という肩書きで、演技をすることを生業とされていらっしゃいますし、私達が勝手に分類しているだけで声の演技も板の上での演技も、実は根本的な違いはないのかもしれません。
ですが、個人的には声優さんと俳優さんでは作品を作り上げる要素として大きな違いがあると思っています。
それは、ご本人のお姿込みの演技であるか否かということです。

例えば、アニメでは1人の声優さんが何役も兼ねるというケースはよくあり、それはメインキャラで出番が多いかにはあまり比例しません。それこそ同じ声優さんの別のキャラ同士で掛け合いがあったりもします。
今期のとあるアニメでは推しさんが犬の役を兼ねていらして、クレジットで思わず笑ってしまいました。
別のアニメでも推しさんは二役演じていらして、その見事な演じ分けっぷりを、そのアニメに出演されていらっしゃる若手俳優(声優)さん達からとても驚かれておりました。
その際に推しさんが『自らの姿という要素がない分、簡単に様々な人間の人生を歩めることが声の仕事の面白さの一つ』というようなことをおっしゃっていて。
声のお仕事の面白さをこういう風に語る推しさんはとても真面目で、生き生きしていて、すごく素敵でした。やっぱり推しさんは声のお仕事の役者さんだなぁって。

ちなみに、推しさんは舞台の経験も顔出しで映像作品に出られた経験もあります。
どの媒体や形式でも推しさんの演技はすごく素敵でした。が、ご本人としてはやっぱり本職の方に対して引け目を感じていらっしゃるようで。
個人的には舞台の初日に全然声が通っていなかったのが、次の日の公演ではすぐに改善されていたところが本当に素晴らしくて震えたのですが、その時の舞台、すっごくしんどかったようなので推しさんはもう板の上には立たないかなぁ(笑)
私自身は舞台が大好きなので、もう一度くらい板の上のお芝居も見てみたいなぁと思わなくもないのですが。
最近放送された映像作品の撮影のインタビューでも、カメラや身体の使い方など、普段使わない神経を使われていらしたみたいで、本職の方を尊敬するとしきりに言ってらして、そういうところも推せます。


推しさんはずっと声優になりたくて養成所に通い、声優としてデビューされました。だからかは分かりませんが、声優としてのあり方にというものにとても気を配っていらっしゃり、自分は裏方であり、自分を出してはいけない、としきりにおっしゃっていました。
一時期は声優が表舞台に出ることに疑問を抱き、写真などの載る雑誌のお仕事などをほとんど断っていたこともありました。
私はやっぱり、声の演技をされている推しさんが1番好きだし、推しさんのこういう声のお仕事に対するストイックな姿勢をとても尊敬しています。
推しさんが声のお仕事が好きなのはインタビューや演技からすごく伝わってくるし、キャラの一人一人と真摯に向き合って、人生丸ごと突き詰めて作り上げるところが大好きです。
推しさんの、推しさんにしか出来ない、声のお芝居が、大好きです!!!

だから私はこれからも、現場だけでなく作品にお金を落としていきたいです。

声優さんのお仕事の応援と言ったら作品を買うことが1番だと思うので。

お金と引き換えに素敵な推しさんのお芝居が半永久的に聴けるこの世界、なんて素晴らしい!

 

さて、相変わらずまとまりのない文章で申し訳ありません…。推しさんの好きなところ、というよりは声優の推しさんが好きだよって話になってしまいました。
推しさんの好きなところはもちろんまだまだあるので、好き好きエントリはまたの機会に。
次クールもレギュラーが2本あるので、また新しいマイク越しの推しさんの演技を聴けることがとっても幸せで、今からとても楽しみです。
ここまでお読み頂きありがとうございました!